50年前のコメディ「お笑い三人組」

50年前のコメディ「お笑い三人組」 #1
Click image to play video, right click to save image. (Image via youtube.com)
VIDEO DETAIL
Title50年前のコメディ「お笑い三人組」
MP3 Size29.1 MB (estimated)
Duration29:06
Views414.9K
Sourceyoutu.be/rBIxxYs9Uvg
Description

過日、お笑い芸人としてデビューし、その後、俳優・映画監督としても成功した奇才、北野武氏が非常に現実的な視点から彼の人生観、本音の部分を吐露して話題を呼んだ。確かに彼の指摘するとおり「有名になりたい!」「お金持ちになりたい!」で、お笑い芸人という職業を選ぶのは「(人生の目的という観点から見れば)筋が違う…」という気はする。

江戸時代の川柳に「面白うて、やがて悲しき落語かな。」と詠われたように、芸人の人生というものは(一時的にはもてはやされても)一寸先は闇、老いて生活に困窮し路上に果てる者や、旦那衆との付き合い酒、無軌道三昧が祟って若くして世を去る者など、当時からけっして恵まれていはいなかった。

昨今のテレビ離れ(私自身、ほとんど日本のTV番組は見ないが…)その「面白くない」「つまらない」番組の背景には前述のような(本来、出るべきでない)人達が「増えすぎた…」という側面もあるのではないか。そんな部分も含めて、今回は50年前のお笑いコメディ、NHKの「お笑い三人組」という番組を選んでみた。50年前のお笑い番組・芸人達は現在とどう違うのか、何かを感じ取っていただければ幸いに思う。

CopyrightAll materials' copyright are belong to their respective owners and/or uploader. This video was uploaded by terasyu1
LicenseLicensed under YouTube Standard License
Download as MP3
Download as MP4
Tags50年前のコメディ「お笑い三人組」, Download 50年前のコメディ「お笑い三人組」, Download Video 50年前のコメディ「お笑い三人組」, Download MP3 50年前のコメディ「お笑い三人組」, Download 50年前のコメディ「お笑い三人組」 episode terbaru, 50年前のコメディ「お笑い三人組」 terbaru

Related Posts:

  • [39:48] 50年前のバラエティ「夢であいましょう」 昨今のテレビ離れ現象の原因として「つまらないバラエティ番組ばかりがやたらに増えた…」がよく挙げられる。では昔、半世紀さかのぼって昭和の時代にはどうだったのだろう。50年も前のテレビ番組なんて最近の若い人達、否、中年の方々にしたところであまり「見たことが無い!」が多数派だと思われる。そこで今回、古いテープの中からNHK総合TVの「夢であいましょう」という番組を選んでみた。 出演者の顔ぶれはそうそうたるもので、坂本九、越路吹雪、ジャニーズ、E・H・エリック、坂本スミ子、黒柳徹子、中嶋弘子、等、現在ではほとんどの方が既に他界されてしまっているが、日本のテレビ放送黎明期において重要な役割を担ったタレントさん達である。いったい現在(のバラエティとは)と何が、どう違うのか。世代を超えて伝わる何かが(当時には)あったのか。文化・世相・社会教育といった観点から比較・対照して楽しんでいただければ幸いに思う。
  • [48:10] 懐かしの演芸 「コント・漫談等」 [永久保存版] 「コント」を中心とした、懐かしい演芸を収録してみました。 1960年代、1980年代と爆発的なブームによって、「永久保存」的な演芸が隆盛しました。 その中で、特に「コントレオナルド」を中心に、私的に注目したコントや漫談等を選び、勝手に「永久保存版」としました。 「Youtube」から消えてゆく多くの、素晴らしい演芸を保存致し度。
  • [46:00] 『素浪人 月影兵庫』   Final episode 第2シリーズ  1968年 第104話 最終回  - 命がけでのんでいた-  近衛十四郎
  • [1:33:38] 映画 満願旅行 (1970年)FULL フランキー堺 (主演)
  • [1:12:33] 花くれないに (1957) / Hearts A-Flutter 短縮版 1957年12月15日(日曜日)公開 松竹大船製作 製作:長島豊次郎 原作:
  • [45:56] 「楊貴妃」知ってるつもり ドキュメンタリーの名作知ってるつもりから、「楊貴妃」です。小中高校の授業などでお使いください。
  • [09:09] 沢田研二、武道館3Days見事に満員!【スカッとバイキング】 ■沢田研二 76年武道館 (君をのせて〜ウィンクでさよなら) https://www.youtube.com/watch?v=hZNcvyVdNGo ■【HD】
  • [26:52] 50年前の音楽ショー「シャボン玉ホリデー」 この歌番組については(あまりに有名なので)特に説明することは無いのだけれど、あえて書くなら「1960年代、テレビ黎明期における音楽ショー、ミュージック・バラエティの草分的な存在で、その質の高さと斬新な制作手法、加えて絶大な人気でさまざまな音楽番組制作の基本となった教科書的な番組」というところ。びっくりするのは「へぇ~、昔は民放でも結構(内容的に)質の高い番組を作ってたんだ…」という部分だろうか。現在のような中身の無いバラエティ番組しか知らない年代には返って新鮮に写るかもしれない。 特に(「文化不毛の地」と言われた)名古屋出身の姉妹デュオ、ザ・ピーナッツの抜群のリズム感、歌唱力、ハーモニーは海外でも評判になった。旧来の歌舞伎的、浄瑠璃的なのったりとした構成を捨てて、当時のブロードウェイ・ミュージカルやSINDIG(米国の人気音楽番組)の場面展開、カメラワーク、画面構成を日本的にアレンジ、衣装、小道具、生活習慣、日常の話題などをギャグやコントに織り込んでスピーディで、変化に富んだ内容に仕上げている。現在のような録画技術・修正技術の無い時代、ほとんど一発録りでここまで完成度を上げられたのは、やはり出演者の技能、スタッフ・関係者の(「新しい何かを創りたい…」という)情熱があったから。コミッションだけピンハネして制作は「下請プロダクションに丸投げ」の現在とはそこが違う。
  • [1:16:08] Mr. Thank-You / 有りがとうさん (1936) (EN/ES) 1936, black and white. Directed by Shimizu Hiroshi. http://www.midnighteye.com/reviews/mr-thank-you/ 1936年、白黒。清水宏監督。
  • [18:52] 西城秀樹バリ島2500坪超豪華別荘直撃 無断転載ご遠慮願います 46歳頃でないかと思います。 別荘内部公開の番組です。 放送日